Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

ラフランス

きのうはすごーい怒ってた。

その怒りは寝たらおちついてきた。

おばちゃんちですごい手間隙かけたらしい、つまり高級ラフランスもらった。

わたしラフランス大好きなんです——♫っていったら、
Nちゃんにだよ!!
っていわれちゃったよ。

おばちゃんが、今日もパパいないの?二人で食べちゃいなよ。といった。
Tがいないから二人で食べてた。
本当に魔法かと思うくらいおいしい。

そこでわたしは太宰治の桜桃を思い出してた。
子どもにたべさせたら喜ぶだろうな。と考えながらまずそうに全部たべちゃう弱い父親についての話。
これ読んだ時わたしは、世間の評価はよくわからないが、はっきりいって不快だった。




引用////
もう、仕事どころではない。自殺の事ばかり考えている。そうして、酒を飲む場所へまっすぐに行く。
「いらっしゃい」
「飲もう。きょうはまた、ばかに綺麗きれいな縞しまを、……」
「わるくないでしょう? あなたの好すく縞だと思っていたの」
「きょうは、夫婦喧嘩でね、陰いんにこもってやりきれねえんだ。飲もう。今夜は泊るぜ。だんぜん泊る」
 子供より親が大事、と思いたい。子供よりも、その親のほうが弱いのだ。
 桜桃が出た。
 私の家では、子供たちに、ぜいたくなものを食べさせない。子供たちは、桜桃など、見た事も無いかもしれない。食べさせたら、よろこぶだろう。父が持って帰ったら、よろこぶだろう。蔓つるを糸でつないで、首にかけると、桜桃は、珊瑚さんごの首飾りのように見えるだろう。しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、極めてまずそうに食べては種を吐はき、食べては種を吐き、食べては種を吐き、そうして心の中で虚勢みたいに呟く言葉は、子供よりも親が大事。
///引用おわり 
青空文庫から引用しました桜桃




Nさんとラフランス食べながら幸せ感じてた昨日、私ひとりだってきっと育てきる。と確信したのだ。
今回の戦争がどう着地しようとも
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

memo

ようこそ!!!

わたし:1982 いまTOKYO
Nさん:愛娘 2011/02/22誕生
お米、卵、乳アレルギー

T:相方

目標:
運転が普通にできるようになること

Nさんとの毎日は多少大変だけど楽しい!!!

Extra

プロフィール

memo

Author:memo
ようこそ!!!

わたし:1982 いまTOKYO
Nさん:愛娘 2011/02/22誕生
お米、卵、乳アレルギー

T:相方

目標:
運転が普通にできるようになること

Nさんとの毎日は多少大変だけど楽しい!!!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。