Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のあれ

次に我が家にいらっしゃったウイルスさんはアデノさんでした・・・
中でもプール熱だそうでインフルエンザ的に出席停止のお墨付き。

40度の熱が3日続いた。
熱冷まし1日2、3回のんでた。
でもごはんも水分も摂れてるからロタよりはだいぶまし。
アデノもやばいがロタやばい。

そして仕事の都合もあり1日病児保育的なところに預けた。
あの高い柵のあるベッドに入れられた瞬間大泣き。
そして去る母。

それがおとといだったんだけど、その日以来何かが明らかに変わった。

その日は全然なにをやっても泣いてて最後に力つきて寝た。
昨日も何が望みかわからず泣いていた。
だから泣けてきた。
一番さみしくさせたくない人をすごく寂しくさせてしまったことが、
すごい取り返しのつかないことをしてしまった事に気がついた。
この人の精神的な安寧さと引き換えにできるほど重要な仕事をしているのかわからなかった。

毎週パパか私が休まなきゃならないほど、体調は嵐の中の航海のようだ。
だからその時は預けるしかないとおもっていたけど、この選択肢は消えた。

2、3歳までですよ、と多くの人にいわれた。
スポンサーサイト

Nさん。。。+わたしのやりくり

ぐいーん!!!
IMG_0643.jpg

こう見えて熱発中なのだよ。。。。。
なんかごめん。
急な環境の変化辛かったですよね。大変ですよね。
なんかごめん。といっても明日はまた泣こうがわめこうが置き去りにしてく気なんだって。
ひどいですよね。


IMG_0631.jpg

土曜日は4月からの保育園の説明会にいってきた。
大規模になるだけ、色色規定や統一が求められるようだ。
そのため手提げ袋を再度母にお願いのメール。
あとシーツとか帽子とかに名前縫わなきゃなんないんだよー
いつやりゃいいんだよーーー泣
って隣のおばちゃんに愚痴ったら、やってくださることに・・・

そして今日おじゃましたら丁度やっててくださって、ぴしっとアイロン&しつけ縫いしているところだった。
よかったね。Nさん。ちゃんと名札に角があるし、ぴしっとしてるよ。
ママがやったら角が丸かっただろうし、もらったシワのままだったはずよ。
謝謝!!!

説明会で初めて知ったのは入園式が4/7ってことと、一週間以上慣らし保育があるってこと。
これはまた次々試練がやってくるものだ。
これまでの時間も何も制約がない生活はまじ夢か幻だったようだ。
通常は4/9から慣らし保育はじめるんだって。
それが許されるような状況の人ばかりなのですか?
どうしよう。。。真っ青に。
なんとか保育士さんに食いつくが、4/1から始められるけど、ならし保育はやっていただきます。ピシッ。と。

これはちょっと上司に相談よ。どうしろっていうのよさ。。。
隣にいたTが、事情を話せばわかってくれないの?と。
あなたがそうはいかないようにわたしもそうはいかない、というのがなぜわからない。

しかし保育園からのそんな重要なお知らせもワンテンポ遅い気がするんだよね。
もうちょっと早くわかってたらこんなぎりぎりな気持ちにはならないはずなんだよ。と、ちょっと憤慨したけど、必要な情報はもう待たないでとりにいくべきだったんだよね。わたしが。
教訓です。

そしていよいよ5日連続勤務のはじまりですが、今日はどうせ家にいたので、野菜を切って冷凍したり明日のご飯つくっておいたりをTと一緒にしてました。
Tは少しずつ家事分担を譲歩してくださる気配があるので、そういう心のドアを開けた時には、しっかり足を玄関にいれて、逃さないよう気をつけています。
朝の洗濯干す大臣
花の水やり大臣
床掃除大臣
4月からのNさんお見送り大臣
その他もろもろ大臣を兼任してくださっておりまして、これからもそれは増えていくしかない寸法みたいです。

このようにわたしはなにかと他人にお願いするのが上手だなー、っとしみじみ思います。
わたし一人ではなにもできないのだけど。こうやって自分の試練は乗り越えられそうな気がする。

だけどNさんの心身の健康。もうこれはNさんの力を信じることと祈ることしかない。
ほんとこれだけは切実にどうか無事でと。
誰か。

IMG_0639.jpg

ここ最近のうち

IMG_0546.jpg
呼んだ???
ピンぼけねー
妹の結婚式の時のだよ。
超速攻このはちまきみたいの外したよ。
ブログ一回書かなくなると書かない癖がついちゃってさ。。。

1月わたしは結婚式2回出席させていただくというめでたい月だったんだけど
両方とも二人の歴史ムービーの新郎側のBGMが「ガッツだぜ」だった。
やるなートータス松本。見直しちゃった1月だったわ。

もう一週間経っちゃうの?2月?は逃げるねー。

我が家ではNさん→私と風邪なう。
毎月2人で風邪ひいてる気がするけど・・・
これでも私ここ数年風邪ひいてなかったんだけどさ。
児童館とか連日いってたからある程度はしかたないとは思ってたけど。
みんなが舐めてるようなおもちゃ舐めてるしさ。
手洗いはさせるけどウガイできないし。
風邪ひけばひくほど鍛えられるわけじゃないんだね。

Nさん絞り出すような咳をなさるから先週末病院に連れて行ったらさ、連れてかなきゃよかった。
インフル検査の結果でるまではインフル部屋みたいのに隔離されちゃってさー。
ものの数分だけどじっとしてるわけなくて色色触りまくるしさ。
前の子インフルだったみたい。お気の毒はお気の毒だけどほんと連れてかなきゃよかった。
Nさん予防注射しててよかった、って心底思ったよ。

そんなわけで、復帰後は祈りだよね。

病児保育ってそんな甘いものなわけないね。覚悟はしとこー、とは思っても、我が子が調子わるいっていうのに高い値段払って仕事行くなんて、結構挫けそうだよね。

R0017654.jpg

祈りといえば
虫歯?と思って歯医者いったら。
まだお目にかかれていない歯茎の中の親知らずが横向きに徐々に成長し、隣の歯の神経を圧迫しつつあるから痛いのでは?というご指摘を受けた。

もしこの親知らずを抜くとなったらここではできません。大学病院に紹介状を書きます。と。。。

様子見で!!!
クリーニングしてもらって帰ったよ。
その間歯医者さん、抜かなくていいように祈りますね、と言った。

歯は大事だよ!!!

Nさんちょっとお兄ちゃんが好きみたい。

ずーっとつきまとってうざがられてしまう図。
DSC00527.jpg
うちではあり得ないほど忍耐強く去年からセールまで待ったNさんの服なのだけど、
イチゴで袖がビロビロに染まった服のクリーニング代に絶句することになる母。

国際化

うちの住んでる地域は都内とはいえ何かと一線を画しているようで、物価の安さもあってかほんとーに色色な人が住んでいる。
わたしはまあまあ気に入っているんだけど。

出産前の話
図書館の閲覧室(中学生以上対象)で本(くだらない)読んでたら、隣の席に明らかに小学生くらいの男の子(やや黒人系)の子がやってきてテキストやりはじめた。
ちらちら観察してみる。
名前:○林○○ル
算数の問題だけど、よくよくみると中国語でかいてあった。

たまげてしまって、君中国語の小学校いってるの?と尋ねると、「はい。」なんで?「お母さんが。」と。
中国語と日本語と英語話せるそうだ。もっと色色ききたかったけどこわがってたからやめたけど。
数十年後?自分が世界戦略的に淘汰されている危機感の図がうかんだものだよ。
後日、中学生はここ使っちゃいけないんだよ。って注意してたおっさんまじで老害だとおもったものよ。

///
この前ショッピングセンターの小学生未満までのプレイルームでNさんを遊ばせていた。
明らか小学生くらいの子たちが、様々な遊具を駆使して要塞みたいのをつくってた。
Nさん空気よめないから陣地的な場所に入ったりしそうになったり、ブロックに手を出そうとすると、それ使ってるからと言う理由で占有してた。
Tが「これ借りてもいい?」といっても「使ってるから。」とお断りされてしまった。
「あの子また来たよ。」とかぶつぶついってた。

その子たちが材料を求め遠征しているとき、Nさんが要塞に手をのばそうとしていたので、Tと二人で「やっちゃえ、やっちゃえ(笑」と、陰ながら応援するも力及ばず。

そこに多分インド系の女の子?(服が女の子っぽかった)が来た。2歳前後くらいかな?
でかくて下半身の安定感が日本人にはありえないものだった。
その子は小さいプレイルームにも発生した日本的な秩序(空気)をものともせず、数人がかりで形成された要塞(のようなもの)をまるで竜巻が通過して行くように、木っ端みじんに、片っ端から、跡形も無く破壊した。
それをみてTと大笑いさせてもらった。
///
こどもの世界をみていると、これまで当たり前だとおもっていた理性とか、秩序とかってほんとうに洗練されたものだけど、同時に脆いもので、野生の世界ってクールなまでに弱肉強食なのだなーっと感じることがあった。
だけどその当然だと思っていることだって、「日本では、当然」という条件付きなのかもしれない。

力的に言えば、これまで外来種によって絶滅してしまった動物たちみたいに、歯が立たない部分もあるのかもしれない。だけに戦略が重要なんだろうな。

あの子また来たよと、一見強いものの立場から見てた子たちが、空気を読まない力のあるものによって状況をひっくりかえされているのを、信じられない、というスタンスで傍観しているしかないって、日本がやってることってそういうことでしかないのかもね。とTと感慨深く振り返った。
子どもの(野生の)生態が大人につきつけるものはいつも示唆に富んでいる。

ひとりでちょいと

今日は友人の結婚式に出席させていただいてきました。
Nさんはパパとお留守番。
さーっといってきますしたら、笑顔でバイバイしてくれた。
今日めっちゃ寒かった‼

結婚式…子どもうまれて2回目だけど、親目線でみちゃうよねー
赤ちゃんの頃の写真とかでてくると、ご両親がどんな思いで育てたのか…と目頭が熱く…

普段コース料理なんてゆるされてないから、楽しめた‼
寒かったけど‼

これが人生なんだね‼
たった一度の人生だから…といっていたけど、いまその言葉ほど身につまされるものはないです。
と、若干興奮さめやらぬ感じですが。
帰りの電車でオアシズの大久保?と目線で一戦交えた。
普通過ぎて何回か見直したけど本人かどうかあやしい。

帰ったらNさんまた笑顔で駆け寄ってくれて、こいつかわいいな、と思った。
仕事復帰したらやっぱりわたしが泣いちゃうかも。

Appendix

Recent Trackbacks

Profile

memo

ようこそ!!!

わたし:1982 いまTOKYO
Nさん:愛娘 2011/02/22誕生
お米、卵、乳アレルギー

T:相方

目標:
運転が普通にできるようになること

Nさんとの毎日は多少大変だけど楽しい!!!

Extra

プロフィール

memo

Author:memo
ようこそ!!!

わたし:1982 いまTOKYO
Nさん:愛娘 2011/02/22誕生
お米、卵、乳アレルギー

T:相方

目標:
運転が普通にできるようになること

Nさんとの毎日は多少大変だけど楽しい!!!

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。